2011.08 スイス+2都市 旅行 7日目

prev (前のページへ) next (次のページへ)

スイス滞在6日目。観光できる最後の日。午前中はジュネーブ観光、午後から国境を越えてフランスのアヌシーを観光しました。


ホテルの朝食はビュッフェ料理。チーズ、ハム、パンなど、マイエンフェルトのビュッフェ料理と似たメニューで、やっぱりどれも美味でした♪


昨日のチェックインの際にホテルから頂いた、ジュネーブ市内交通を無料で利用できるパスを持って、バスに乗り込みます。
目的地は、蚤の市。
会場近くのバス停で降りて、徒歩移動中に、ヴィクトリアホールを見つけてしまいました。もちろん記念に1枚撮影☆


何の変哲も無い信号機のはずなんだけど、ワイヤー人形のような青い人影が、なんだか可愛い(^^)


蚤の市会場に到着しました♪
2010年秋にアメリカの蚤の市で良いものたくさんお得にGETしたkatsuは、ここでも何かGETできないかと、俄然テンション上がりまくりだったのだけれど・・・。
結局、takuchaの可愛い小瓶2点をGETしただけで終わってしまいました(–;;
いや、小瓶はとっても可愛かったので、それだけでも行った価値はあったんだけど、ね。


さて次は、旧市街を少し散策します。
2003年に来たときは、旧市街は通過しただけだったので、今度はちゃんと散策したいと思ってました。
まずは、丘の上に登ってみます。


アイボリー調の可愛らしい色合いの、大きな建物が、所狭しとひしめき合う旧市街。
とても哀愁があって、こういう雰囲気も好きだなぁ、と思いました。


ここは旧兵器庫。大砲が展示されています。
実際に兵器庫として使われた時代に保管されていたものなのでしょうか。


少し歩くと、噴水がありました。
このときは水は出ていないように見えましたが、昔はこの水を飲んだりして、大事にしていたのでしょうね。


雰囲気のいい下り坂があったので思わず1枚。


サン・ピエール大聖堂。なんとか写真に収まりました。


そして、トラムの走る クロワ・ドール通りに出てきました。


通りの端で、小さな市場が開かれてました!
ドライフルーツとか売っていたので、少し買えば良かったかなぁ。


湖の方に戻ってきました。
ジュネーブ名物の大噴水。勢い良く上がっています♪


近くから見てみるために、この桟橋を歩いてみます。


なるほど、遊覧船乗り場に続く桟橋だったのね☆


大噴水。間に障害物が無いくらい近づくと、やっぱり迫力がありました。


さてさて、ホテルと鉄道駅の中間地点にあるバスターミナルにやってきました。
ここからアヌシー行きのバスが出ているはずなので、乗車券を買ってきます♪


乗車券、GET。12:30の出発まで、まだ50分くらいあったので、近くのピザ屋さんで昼食を頂きました。
バスはほぼ定刻通りに出発。席はほぼ満席。バス乗車中の景色も撮ったのだけれど、逆光&窓にデジカメが反射して写ってしまい悲惨な状態だったので、アップできませんでした(–;; でも、とっても可愛らしい風景が続いていたの☆


13:50頃、アヌシー駅前着。
さて、まずは観光案内所に行って、観光マップを頂きます。


駅から離れた場所にある観光案内所。道に迷ってしまったのでは、、とヒヤヒヤしながら探しました。


でも、なんとか見つかりました。この建物の一部が、観光案内所になっていました。
地図が無ければたどり着けなかったと思える位、駅から離れた場所に建っていました。
ここで、日本語のガイド冊子をGET。日本人も多く訪れてるのね。


近くに、移動型メリーゴーランドが!
メリーゴーランドに反応したのではなくて、この豚さんの表情に反応して、写真を撮ってしまった(笑)
でも、可愛い(^^)


では、地図を見ながら、まずは「愛の橋」を目指します。
こんな木立の下を歩くなんて、いい感じ♪


ふと川の先を見ると橋を発見!これが愛の橋のようです。


愛の橋の上からの1枚。
「飛び降りちゃダメ」ってサインあるけど、うん、確かに、水深は浅そうです(^^;;


では次は、アヌシーのもう一つの名物、牢獄塔を目指します。


開けた川に出て来たので、かなり近くまで来ていると思います。


あ、あった!ガイドブックの写真とおんなじだ★(当たり前)


橋の上まで行ったのだけど、とにかく人が多い。
とりあえず仕切り直し(?)で、ちょっと高台にあるアヌシー城に登って、先に上からの眺めを楽しむことにしました。


お城に向かう道中、こんな可愛い建物や、


石造りの壁を眺めながらふと振り返ってみると、


さっき通って来たトンネル(?)のあった建物もとっても可愛いことが判明☆


そうこうしているうちに、高台にあるお城に到着しました。
博物館になっている建物に入るのは有料だけど、敷地内は無料です。
景色だけ見たかったので、無料で入れました♪


さて、街を見下ろしてみると・・・。
はうぅ、可愛い(はぁと) オレンジ色の屋根がベルンを少し彷彿させてくれます。
こぢんまりした街なので、奥の方は現代的な建物が見えてしまうのが、少しだけ残念ですが★


お城からの街並も楽しんだので、また旧市街に下りることにします。


道沿いの街灯のデザインも素敵でしょ?


まっすぐ降りて来たら、また牢獄塔の前に出てきました。
では、その右側の道を奥に進んでみることにします。


あ、奥の方にあるツタが茂った家は、確かTVで前にやっていた家だ!!


ある程度奥まで来たので、振り返って、牢獄塔の後ろ側とアヌシー湖を写してみました。


では、場所を移動します。
トンネルのような小さなアーケード街の1角に、可愛らしい配色のフルーツ店を発見☆


更に歩いていて気付いたこと。
アヌシーはとにかく川が多いです。しかも、キレイな水の川。


ほら、また川。
とても整備されているように見えるので、これらは全部、人工の川なのかな??

さてさて、17:00が近づいて来たので、そろそろ帰る時間です。
アヌシーはこじんまりした街なので、ジュネーヴから日帰りで訪れても十分楽しめる街だと分かりました☆
来て良かったー(*^^*)


19:00過ぎ、バスはジュネーヴのバスターミナルに戻ってきました。
ここからホテルは徒歩圏内。19:30にディナーを予約しているので、そろそろ帰らないと☆


ホテルに帰って、ディナー会場へ。
ここは、スイスの伝統の音楽を生演奏で聴きながら、スイス伝統料理をいただけるレストラン。
2011年スイス旅行の最後の晩餐にふさわしい場所です(^^)


いただいた料理は、ラクレット。
チーズフォンデュやオイルフォンデュは食べたことがあったので、ラクレットを選びましたが、量が半端無い(;_;)
かなりの量を残すことになってしまって、申し訳ない気持ちになりました。


食事の後、再びレマン湖へ向かいました。
あれ?この方向に見える白い山は、モンブランのようです!!!
ホテルの朝食の時に少し話をした夫婦が行くと言っていたモンブラン。私たちは2003年にシャモニーやエギーユ・ドゥ・ミディ展望台に行ったけれど、雲に隠れてみてなかったので、いいなーと思って話を聞いてました。
だけど、まさかここで見れると思っていなかった。。かなり嬉しい(*^^*)


少し薄暗くなって来た中、灯台まで歩いて来てみました。
目的は、障害物無く大噴水を見るため、です☆


狙い通り!幻想的な闇が始まろうとする中、勢い良く吹き出す噴水を見ることができました。
とってもステキな景色に、時間を忘れてしばらく眺めていました。

prev (前のページへ) next (次のページへ)
↑top (トップページへ)